ロータリークラブとはどの様な団体?

 

00タイトル写真.jpg

OBIHIRO SOUTH ROTARY CLUB

​□

​  MENU

​☐ 会長挨拶

01会長-竹部義弘.jpg

2021年-2022年度の帯広南ロータリークラブの会長を仰せつかりました。
何分にも、ロータリーの知識と勉強不足の人間でございます。皆様のご協力とご指導が頼りの1年間になると思いますので、宜しくお願い申し上げます。
また、年齢では、後期高齢者の仲間入りをしている世代ですが、若い皆様に支えていただき、ご迷惑が掛からないよう、体調に気を付けて頑張ってまいります。

今年度のシェカール・メータRI会長は、インドの出身で大変な社会奉仕活動家であります。2004年のインド洋大津波の際には、被災した家族の為に500戸近い家屋建設の支援をしたり、インド全土で識字率向上の為何千もの学校を支援したそうです。
そこでRI会長のテーマは『奉仕しよう、みんなの人生を豊かにするために』で、“人びとを思いやり、分かち合うことの大切さ”“自分よりもほかの人の事を先に考える心構え”です。

RI2500地区 漆崎ガバナーのスローガンは『ロータリーの素晴らしさを広めましょう』で、組織の維持拡大、奉仕活動への積極的な参加、地区方針として地区の明るい未来の為に、地域の人々と『親睦と持続可能な奉仕活動の推進』をあげられ、9項目の具体的な目標をかかげております。そこで、当クラブも、IR会長、地区ガバナーの方針に沿って、会員の増強はもちろん、ロータリアンと家族の親睦を通して、社会奉仕活動の推進によって、将来子供達、孫たちがロータリアンになる夢が持てるような活動にしていきたいと思っております。
                               
 ~ロータリーアンと家族の絆~        
               
 1,家族野遊会、家族クリスマス会の家族の参加の推進
               
 2,新規入会会員が楽しく活動が出来るクラブに    
               
 3,ロータリークラブと地域の人々と共に出来る奉仕活動
               
 4,障がい者水泳大会への支援            
               
​ 5,ローターアクトとの共同活動    

​会長 竹部 義弘

​☐ 幹事挨拶

01幹事-小田桐秀敏.jpg

幹 事 小田桐 秀敏

今年度、竹部会長の元幹事のご指名を受け緊張感と責任感で身の引き締まる思いです。

ガバナー方針にもあります、親睦の強化、奉仕活動の積極的な参加、会員増強、会員退会防止、ローターアクトとの共同活動などの推進を補佐し、さまざまなメディアも活用しながらロータリーのすばらしさを広めて行きたいと思います。世界はこんな状況ですが、「こんな状況でも出来ること」「こんな状況だからできること」を会長をはじめとして、理事・委員長と連携を取りながら考えて行きたいと思います。1年間よろしくお願いいたします。